2012年12月29日

師走の一日

「クリスマス・ウォッチ・セール」も終了すると、すぐにお正月モードに突入します。

今年、仕事の上で印象に残ったことといえば、
この夏以降、「めがね」のクラシック回帰かな・・・
「ブロライン」スタイルのフレームの人気は高く、
とりわけ原型に忠実なモデルは今も完売状態で、まだ、しばらくは続きそうです。
1_13566758441211.jpg
AO / 60年代、「マルコムX」使用のめがね

2_13566758611512.jpg
BREITLING / 「COSMONAUTE」
"PORCO ROSSO"
世界の航空部隊のエンブレムをモチーフにしたモノが多い、
ブライトリングが2001年に300本のみ発表した、
スタジオ・ジブリ「紅の豚」ポルコ・ロッソの「コスモノート」裏にはポルコの顔が
発売当初から欲しい時計でしたが、300本という少数限定のため、

入手は困難でしたが、ようやく未使用で手元に来てくれました。

クリックで拡大します。

posted by funkyjunk at 16:46| Comment(0) | spec espace
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: