2012年06月20日

1964

1964年
日本にとってシンボライズな年号
東京五輪、新幹線開通、高度経済成長イケイケ状態に突入して行った頃のこと

1_13400036901538.jpg
1964年製
「Seikomatic」slimdate
自動巻き、カレンダーは既に早送り機能を完成させる優れモノ

2_13400036921357.jpg
1964年製
「東京文化地図」

現在の東京都地図と比べて見ると面白い

posted by funkyjunk at 09:14| Comment(0) | SEIKO

2012年05月26日

最近

〈°∧ °〉さんモデル、というのは相変わらず人気の基準です。
1_13379383351593.jpg
しかし、最近はTVを見ていても何の時計か
分からないことが多くなった。

最近は出張先で時間があれば、人気(ひとけ)のない喫茶店に入りますが、先日入った店にあった現役の大振り子時計。
2_13379383361670.jpg
「7時閉店ですが、イイですか?」と聞かれた。
余程長時間の客が多いと思えるアタリの店。

アタリ、ハズレは常にあります。

posted by funkyjunk at 09:47| Comment(0) | SEIKO

2012年04月27日

ゴールデン・ムーヴメント

国産時計の中で人気のSEIKOのムーヴメント
KS Hi-Beat 36000振動 手巻き
1_13355101271805.jpg
これは一時間を36000回刻む、一秒を10回に刻んでいるということなのです。
すると秒針の進み方は限りなく滑るような動きに見えてきます。
しかし、目的は誤差が出にくくするために開発されました。
これは1971年製造のムーヴメントです。

その時代らしい部分が下の写真です。
2_13355101281501.jpg
「ヘビ」のような部品は3つのパーツから成り、
リューズを引くと秒針を止める作用をします。
これはリューズの位置の反対側にテンプがある為、
かなり強引に作られたユニークな部品です。

ただそれだけのことなんですが・・・

カラクリ風味が感じられる好みの部分です。

posted by funkyjunk at 09:17| Comment(0) | SEIKO